医療法人 淳信会

クリニック コラム記事妊娠に必要なのは葉酸だけではない!
妊活に必要なミネラルとは何?
【保存版】

ホリスティキュア メディカル クリニック コラム記事 妊娠に必要なのは葉酸だけではない!妊活に必要なミネラルとは何?【保存版】

監修:日本循環器学会認定循環器専門医
医療法人 淳信会 理事長 Dr.
普段、ミネラルという言葉を耳にはするものの、もし「ミネラルとは何ですか?」と聞かれたら、どのように答えますか?そして、どんなものを想像しますか?5大栄養素の一つであることはご存知でしょう。今回は知っているようで知らないミネラルに着目します。また、妊活とミネラルの重要性について考えていきたいと思います。
妊娠に必要なのは葉酸だけではない!妊活に必要なミネラルとは何?【保存版】

ミネラルとは?

生体を構成する主要な4元素(酸素、炭素、水素、窒素)以外のものの総称をいい、無機質ともいいます。 代表的なものとしてカルシウム、リン、カリウムなどがあげられます。

ミネラルが5大栄養素のひとつであることは、よく知られていますね。 では実際にどんな働きをするのでしょうか。

体の調子を整えるために重要な役割を果たします。 つまり、筋肉や骨のもととなり、体の組織を構成するために必要な栄養素と言えます。

ミネラルは何に含まれる?

ミネラルという言葉をよく耳にするのは商品名にマルチミネラルなどの名がつくサプリメントのCMなどでしょうか。

女性であれば某化粧品メーカーの「オンリー○○○○」という名称を聞いたことがあるでしょう。

食品で身近なもので言えば、牛乳に含まれるカルシウム、レバーに含まれる鉄分、これらもミネラルです。

このようにミネラルは私たちの生活に密接していて、とても身近な、そして大切な存在なのです。

ミネラルの種類

先ほど、ミネラルは化粧品や食品に含まれているとお伝えしましたが、ミネラルがどんな物に含まれていて、何種類あるでしょうか。

ミネラルは全部で100種類以上あるとされています。
そのうち、人間の身体に必要とされるものを「必須ミネラル」といいます。

厚生労働省に認定されている必須ミネラルは16種類。
16種類のうち、13種類は「日本人の食事摂取基準」の推奨摂取量として定められています。
名称や働きについては、後ほどミネラル一覧にて、ご説明します。

ミネラル一覧

ミネラルは、互いに吸収や働きに影響をあたえ合うことがあるため、バランスよく摂ることが求められます。
なおかつミネラルは体内で合成できないため食物として摂る必要があります。

健康だけど、栄養失調?

健康診断では特に問題ありませんでした!私は健康です。
時々、なんとなくだるいな…とか、そういう時もあるけど、なんとか気合いで乗り越えています。

このような場面、比較的多くのかたが経験ありだと思います。

実は健康診断の数値だけでは計り知れない症状が現代ではあふれています。
ミネラルのバランスが崩れると、様々な症状が現れてくるのです。

ミネラルバランスが崩れると・・・

記憶力の低下、抜け毛や薄毛、高血糖、耳鳴り、手足のしびれ、肥満、高血圧など様々な症状があらわれます。
これは妊活中の人でなくても、日常生活において、放っておけない症状ですね。

現代人は体内が砂漠化している

体内が砂漠化しているとは、どういうことをいうのでしょうか。
体内のミネラルバランスが崩れていると言い換えられます。

飽食の時代とも言われ、食べるものが豊富なのに、なぜ砂漠化してしまうのか。
時代の変化とともに、環境が汚染され、有害金属が巷にあふれてしまっているためです。

ミネラルはバランスが大事!多すぎても少なすぎてもNG!

ミネラルは、互いに吸収や働きに影響をあたえ合うことがあるため、バランスよく摂ることが求められます。
なおかつミネラルは体内で合成できないため食物として摂る必要があります。

妊活になぜミネラルが必要か。

赤ちゃんを授かるには、卵子と精子が必要な事は言うまでもありません。 その両方または片方だけでも、栄養不足の状態では、健康な赤ちゃんに育ってはくれません。

受精卵が胎児に育つまで、気が遠くなるほどの細胞分裂を何回も何回も繰り返す必要があります。 その細胞分裂に必要となるのがミネラルのひとつ「亜鉛」です。

日本人は亜鉛不足だとも言われています。では、亜鉛だけを一生懸命摂ればよいのでしょうか。

いいえ。多く摂り過ぎても、体に影響を及ぼします。

そう!もう、お気づきでしょう!! ミネラルバランスが大事なのです!!!

まとめミネラルバランスを整えて赤ちゃんを迎える準備を始めましょう。

ミネラルの必要量は他の栄養素に比べて少ないのですが、体内で重要な働きをしていることは、おわかりいただけたでしょうか。

今回は、亜鉛だけに焦点を当ててお話をしました。
何度もしつこいようですが、大切なのはミネラルバランスです。

ですが、どうしたらミネラルバランスが整っているか分かりませんよね。

実は、ミネラルバランスが整っているかどうかを視覚で知る方法があります。
手のひらに特殊な光をあてるだけで簡単に測定できる機器があるんです!

ホリスティキュアでも取り扱っていますので、将来生まれてくるお子さんのためにも、まずはご自身の身体を知ることから始めましょう。

いずれ親となるお父さんお母さんが体内のミネラルバランスを整えてあげ、健康な赤ちゃんを授かれるよう頑張りましょう!