医療法人 淳信会

医師のご紹介

先生

尾都野 一刀ITTO OZUNO

医療法人 淳信会 理事長 まさこメディカルクリニック 院長
  • ごあいさつ

    兵庫県医科大学を卒業後、同大学病院脳神経外科医局へ入局。 その後、公立学校共済組合 近畿中央病院や社団医療法人 尼崎中央病院など複数の急性期病院で救急外来を含めた臨床に従事した経験から、健康的な生活のために高血圧、糖尿病、脂質代謝異常などの生活習慣病のコントロールが非常に大切と考えています。 脳神経科一般、物忘れ、頭痛などのほか、生活習慣病の予防やコントロールについてもお気軽にご相談ください。
  • 学会・団体

    日本医師会・徳山医師会・日本脳卒中学会・日本頭痛学会・日本脳神経外科学会・日本脳神経外科救急学会・日本抗加齢医学会 他
  • 専門分野

    脳卒中、頭痛、物忘れ外来など脳神経一般 生活習慣病など内科一般
先生

登坂 正子MASAKO TOSAKA

ホリスティキュア メディカルクリニック 院長
  • ごあいさつ

    「Ageing with Pleasure」 私は開業医として、さまざまな患者様を診てきました。 からだや心、環境や遺伝的構造は一人として同じではありません。これからの時代、食事の摂り方や運動習慣の見直し、体内の栄養素バランスに合わせたサプリメントの選択、といったひとりひとりに合った医療・セルフケアが必要です。 病気を予防し、健康寿命を延ばすことが大事なのは言うまでもありません。しかし、万が一病気になっても、最適な治療を受けながら、病気と共存できる「からだ」と「心」を作ることも大切です。 未病の方はより健康に、生活習慣病やがんなど疾患のある方は、薬の軽減や病気と共存できる「からだ」と「心」つくりを目指し、楽しみながら長生きしましょう!!
  • 学会・団体

    日本循環器学会、日本内科学会、日本抗加齢医学会、日本統合医療学会、日本高血圧学会、日本医師会、徳山医師会(理事・周南地区女性医師部会会長など歴任)、徳山大学(非常勤講師)、周南西ロータリー会員
  • 専門分野

    循環器内科全般、栄養学(分子栄養学、ホリスティック栄養学含む)と心理学及び西洋医学を融合した診療スタイル
  • 資格

    医学博士、日本循環器学会認定循環器専門医、日本抗加齢医学会専門医、米国コロラド州NTI(Nutrition Therapy Institute)認定栄養コンサルタント、産業医、日本内科学会認定内科医
  • 経歴

    東京女子医科大学卒業後、附属心臓血圧研究所で研修・研究・学位取得 2005年 医療法人淳信会 理事長に就任 生活習慣病という言葉ができる前から、「からだ」と「心」における食生活・栄養素バランスの重要性を唱え、病気予防・進展予防を観点においた診療を始める。 その実践内容の一部を著書『超食事革命』として出版(1997年)。その他、『虚血性心疾患患者の生活習慣指導の指針』共著(1999年)、『うつ病・強迫性障害治療における「私の処方№2」』共著(2001年)、日本臨床『ストレスに関する性差・男女の意識の違いについて~介護保険導入前後の比較~』(2015年)、医療春秋「Medical Academy News」(1995年~2002年)、第20回冠不全研究会「生活習慣改善指導-その歴史と展望-」など執筆・講演多数。「熱血テレビ」(KRY)の健康コーナーを担当(1999~2005年)。 心身の健康管理を含めた、働く女性のサポートにも力を入れており、企業での女性新入社員の研修や、地域の働く女性のネットワーク作り、また周南地区女性医師部会会長として、キャリアが中断されやすい女性医師への臨床研究支援システムを構築した。 2014年には「医師が自分自身や家族が病気になった場合受診したいベストの医師」として「Best Doctors in Japan」に選出される。
先生

尾都野 信子NOBUKO OZUNO

まさこメディカルクリニック 医師 ホリスティキュアメディカルクリニック 医師
  • ごあいさつ

    私たちの心と身体は自分が食べたものから構成されています。 心と身体が上手に機能するためには、たんぱく質や脂質以外にもビタミンやミネラルといった栄養素がとても大事です。そして、食物を十分に噛みしめ、消化し、栄養素をしっかりと体内に取り込むための体内環境が必要です。 忙しい日々の生活で食習慣がおろそかになると、なんとなく気分が優れなかったり疲れが取れないと感じることはありませんか?気持ちが落ち込んだり楽しくないと感じる時の食習慣を思い出してみてください。 その食事は心と身体を癒してくれるものだったでしょうか?食事とサプリメントで私自身が体調不良を克服した経験をもとに、あなたの悩みに寄り添います。
  • 学会・団体

    日本リウマチ学会、日本内科学会、日本抗加齢医学会
  • 専門分野

    リウマチ、膠原病内科、ホリスティック栄養学
  • 資格

    医学博士、日本リウマチ学会認定リウマチ専門医、日本内科学会認定内科医、米国コロラド州NTI(Nutrition Therapy Institute)認定栄養コンサルタント
  • 経歴

    藤田保健衛生大学卒業後、附属大学病院で臨床研修。その後リウマチ・感染症内科へ入局。 臨床、研究、学位取得。 自身の体調不良を食事や生活習慣の改善によって克服した経験をもとに、オリゴスキャンなどの検査機器を用いて『目に見える体内栄養素バランスの改善』をコンセプトに診療を行う。